犬用靴ロングブーツレギュラー

ロングブーツの良いところは足首タイプのものより脱げにくいところです。靴底のラバーソールは砂利や小さなガラス片などから足を守ります。

犬用靴ロングブーツレギュラー
サイズ 在庫 縦(cm) 横(cm) 本体価格 税抜価格
X-Small 3.8 2.5 2750円 2888円
X-Small+ 4.4 3.2
Small 5.1 3.8
Small+ 5.7 4.4
Medium 6.4 5.1
Medium+ 7.0 5.7
Large 8.3 6.4 3000円 3150円
Large+ 8.9 7.0
X-Large 9.5 7.6
X-Large+ 10.2 8.3
XX-Large 12.7 9.5

特徴と注意点

新旧の靴底

メーカーへの発注時期の違いにより、新バージョンと旧バージョンが混合しています。

新バージョンは、ロングメッシュブーツと同様のソールを採用しています。

※こちらの商品は在庫限りとなりますので、旧バージョンと新バージョンのご指定はできません。

サイズの測り方

一般的な犬用靴ブーツ使用上のポイントと工夫

犬用靴ロングブーツについてメールで質問する。

初めて犬の靴をご購入される方へ

犬の靴は発展途上にあり、サイズのバリエーションも少なく、人間の靴と同様の使い勝手を期待できるものではありません。(具体的には、脱げたり、ズレたり) ご購入前に十分ご留意ください。

高い

犬靴は非常にマイナーな商品です。それは、大手のペット用品メーカーや問屋などで、需要が少なくかつその商品の性質上、利益の出しにくい商品であると認識されているともいえます。
当店で扱っている犬靴の殆どが、零細企業の企画による、1回の生産が、数十から千未満の比較的数量の少ない生産ものです。そのため、日本の市場に大量に出回っているメガ工場による大量生産の犬服や人間の靴と比べた場合、必然的に高価なものが多くなっています。
価格は、お買い物の満足度を左右する大きな要因の一つです。最近では大量生産の安い犬靴も見られますので、価格を含め良く商品を吟味されることをお勧めいたします。

犬靴は便利でも衝動買いは後悔の元

犬靴は、絶対に「大は小を兼ねません」。
小型犬の犬服と違い微妙なサイズの違いにより、全く役に立たない事も多い商品です。そのため、サイズが合わないからお友達にあげるといった事もできません。
「高価」「フィッティングが難しい」という理由から、衝動買いできる商品ではありません。
まず、犬靴が本当に必要かを吟味し、さらに商品を吟味する事をおすすめいたします。

その他のロングブーツ姉妹品

その他おすすめ 犬用 ブーツ シューズ

おすすめ関連商品 犬用ソックス