犬用ライフジャケット比較紹介

当店で扱っている犬用ライフジャケットを比較紹介。
ライフジャケット選びでちょっと迷ったら参考にしてね。
ライフジャケット着用ポイントなどもあるよ!

犬用ライフジャケットとは

ライフジャケットというと、文字通り「救命のためのジャケット」です。 そのため、人間が使うライフジャケットは救命に必要な要件が満たされて初めてライフジャケットと呼ばれるようです。
犬用のライフジャケットは、人間用のライフジャケットとは大きく異なり、救命というより、水中の犬をコントロールしたり、犬が長時間泳ぐのを補助するのが主な目的です。

人間のライフジャケットは、意識が無くなった状態でも、水中で呼吸を確保するデザインになっているようですが、一方犬用ライフジャケットは水中で意識が無くなることを前提として作られていません。そのような事もあり、文字通りのライフジャケットと区別するために、欧米では「フローティング・ジャケット」「フローティング・ディバイス」などと呼ばれることも多いです。

うちの子は泳ぎが得意。犬用ライフジャケットって必要?

答えはYES!泳ぎが得意な犬ほどライフジャケットを使ってさらに安全安心に水遊びができます。
ある意味泳げないほうが安全であるとも考えられます。泳げない犬は水に長く居ようとしませんし、どこまでも遠くに泳いでいってしまわないからです。

水中の犬をコントロールしよう

泳ぎが得意な犬は、水に入ったら遠くまで泳いで行けます。陸上なら、ご主人が「おーい戻ってこーい!」と叫びながら追いかけ、捕まえて連れ戻すのは容易ですが、いつもやっていることが、水の中だと想像以上に大変なのです。

水中の犬にやっとこ追いついたとして、首輪やハーネスをつかんで、犬を方向転換させたりするのは、陸上にいる時のように簡単にはいきません。リードを着けた首輪の犬を泳がせたとしましょう。ボートでリードを手繰り寄せて、犬を呼ぼうとすると、首輪がスポッと抜けたりします。それでは、ハーネスはどうでしょうか?この場合、ハーネスは首輪より断然使えます。それでは、ハーネスとライフジャケットではどうでしょうか?ライフジャケットは、浮力が付いている分、水の抵抗が少ないので犬を引き寄せる力が少なくて済みます。浮輪をつけている子供を紐などで引っ張ったことはないでしょうか。ちょっと水の抵抗が少なく感じませんでしたか?ライフジャケットをつけている犬を水中で引っ張るのも同じような感じです。

水中で犬をコントロールするために、ライフジャケットにホームセンターで買える水に浮くロープや紐をリード代わりにつけて、犬をコントロールするといいでしょう。 陸で呼べば戻ってくる犬でも、泳ぎが好きな犬はとたんに泳ぎに夢中になりご主人の声に注意を払わなくなったり、水の音でご主人の声が聞こえないなど、想定外の状況になることも多々あるので、日常とは違った準備と注意が必要です。

うちの犬、どこ?!

特に黒いラブラドールなどは、海に入ってかなり遠くまで泳げます。でも、見えない。。。まっ暗い海の水面、波の谷間に隠れ、黒いラブラドールは全く見えないのです!
最近の犬用ライフジャケットにはいろいろなデザインがあります。青、赤、柄物などなど。デザインも大事ですが、犬の被毛の色と水泳の場所を考慮して色やデザインを選んであげてください。

ライフジャケット比較紹介

ライフジャケットPROS長所CONS短所
トップスイマーライフジャケット トップスイマー
ライフジャケット
  • 胴にフィットし水の抵抗が少ないデザインで長時間の水泳に適している
  • 明るい黄色なので海、湖など濃い色の水面で目立ち安全
  • シェル素材は水を含みにくく、乾燥が早い
  • デザイン性が高い
  • 縫製が比較的きれい
  • 高価
  • サイズバリエーション少ない
  • ベスト型なのでサイズ調整巾が狭い
OUTWARD HOUNDライフジャケットパグ着用 OUTWARD HOUND
ライフジャケット
  • 安価
  • 浮素材を多く使用しているので泳ぎ初心者向き
  • 浮素材がブロックで直線的に整形されているので水への抵抗が大きい
  • 腹帯のマジックテープで、腹帯に付属するテープが毛羽立つ
パドリングライフジャケット パドリング
ライフジャケット
  • 胴にフィットし水の抵抗が少ないデザインで長時間の水泳に適している
  • 明るい黄色なので海、湖など濃い色の水面で目立ち安全
  • サイズバリエーション多い
  • 縫製が比較的きれい
  • 高価
  • トップスイマーライフジャケットよりシェル素材が多少水を含みやすいため、トップスイマージャケットより水への抵抗がある、乾燥が若干遅い
  • ベスト型なのでサイズ調整巾が狭い
ezydogライフジャケット EZYDOG
ライフジャケット
  • 背中にフィットするデザイン
  • リーズナブルな価格
  • 明るい黄色なので海、湖など濃い色の水面で目立ち安全
  • サイズバリエーション多い
  • 甲羅型なのでサイズ調整に余裕がある
  • 甲羅型なので着脱が容易
  • 小さいポケットが付いているので小さいボールなどをしまったり、浮力があるものをいれて浮力調節できることも(浮きの全体バランスを考える必要あり)
  • 縫製が海外製品レベル
犬用ライフベスト Lotus Critterラブラドール着用 Lotus Critter
犬用ライフジャケット
  • 浮素材自体が柔らかいため、浮素材を多く使っていても、胴にフィットし抵抗が少ないデザイン
  • 明るい黄色なので海、湖など濃い色の水面で目立ち安全
  • 高価
  • 着丈が長めなため男の子の下腹部にあたりやすい
  • 製造中止
犬用ライフベスト ソフトフォームプードル着用 ソフトフォームライフベスト
  • 織物素材を使っていないため水の抵抗は織物素材の物よりさらに少ない
  • 着脱しやすい
  • 広げて使用できる
  • 調整巾が小さいため、体にフィットしないと水の抵抗が大きくなる
  • 作りが大雑把(海外製品レベル)
犬用ライフベスト CFD ラブラドール着用 コーストガードライフベスト
  • 人間のリバースポーツ用品メーカーの企画製品なのでリバースポーツに向いている商品
  • コースガード認定のライフジャケット仕様を参考に作られているため、浮力を開示している
  • 背中にフィットするデザイン
  • リーズナブルな価格
  • サイズバリエーション多い
  • 甲羅型なのでサイズ調整に余裕がある
  • 甲羅型なので着脱が容易
  • 縫製がきれい
  • 小さいポケットが付いているので小さいボールなどをしまったり、浮力があるものをいれて浮力調節できることも(浮きの全体バランスを考える必要あり)
  • 色が赤のみで海や湖の暗い水面では目立たないかも
犬用ライフベスト エルゴノミック エルゴノミック
ライフジャケット
  • 胴にフィットし水の抵抗が少ないデザインで長時間の水泳に適している
  • 色のバリエーションあり
  • サイズバリエーション多い
  • 縫製が比較的きれい
  • 高価
  • 製造中止:同等品はトップスイマーとパドリングライフジェット

犬用ライフジャケット着用のポイント

腹帯はちょっときつめに締めよう

着用する際、腹帯は心持きつめに締めてみよう。水に入ると犬の胴が水圧で少し小さくなるので、陸上で着用する場合は、水圧で小さくなる分を考慮してしめよう。
腹帯が緩むと体とライフジャケットに隙間ができて、水の抵抗が大きくなる。水の抵抗が大きくなると泳ぐのに疲れるから、泳ぎが大好きな子には重要なポイント。

腰回りにまで浮素材が無くても大丈夫

最近の犬用ライフジャケットのエルゴノミクスデザインをみると、一番下の肋骨までを覆うデザインが主流。その理由をいくつかあげてみた。

足が短い犬種はローリングしちゃうかも?!

足の短い犬種は、泳ぎが不得意な子も少なくない。泳ぎがうまくないから、浮がいっぱいあったほうがいいと思って腰までカバーするほど大きなライフジャケットを着けちゃうと、水の中の丸太のようにローリングしちゃうことが。足が短いと水中での推進力も弱く、アンカー(錨)の役目を果たしている足が短いので、波などがあると不安定な船の状態に。ライフジャケットはジャストサイズを選ぼう!

泳ぎやすさを追求!

水中での動きやすいデザインである。水中では直線を泳ぐだけでなく、Uターンしたりすることも多い。ターンするとき、上半身と下半身は直線上には無い。ライフジャケットの浮が硬く直線的で尻尾近くまで覆うと特に腰とライフジャケットに隙間ができ、水の抵抗が大きくなり、自由度が少なくなる。水泳が得意で長時間泳ぐのが好きな子には特に重要なポイント。

次に、犬の体重分布を考えてみよう。上半身は、下半身に比べて重い。後ろ脚には水中で推進力をつくる太ももの大きな筋肉があるが、頭、首、胸などがある上半身よりは明らかに軽い。腰まで浮をつけると、水中では、シーソーのように、下半身が上がり、上半身が沈みがちになる。必然と頭が沈む形になるので、泳ぎやすいとは言えない。犬用ライフジャケット選びは、犬が水中での姿勢を適正に保てるか見極めるのがポイント。

ユニセックスなデザイン

男の子の場合は、下腹部に腹帯やジャケット裾があたるのを避けるため着丈は短めになる。男の子のライフジャケットはこの辺にも注意が必要。
ユニセックスなデザインで生産効率を上げるというメーカー側の意向も?!

犬用ライフジャケットを選ぶときに

犬用ライフジャケットを大まかに分類すると2種類。一つは甲羅型。もう一つはベスト型。 それぞれの特徴をつかんで、さらに犬用ライフジャケットを使いこなそう!

甲羅型

甲羅型は字のごとく、カメの甲羅のように、犬の背中に乗せるタイプのライフジャケット。背中に乗せるデザインなので、犬の体型を選ばず、サイズ毎のサイズ調整の幅も広い。 腹側には、浮素材が無く、腹帯で体に固定するため、腹帯が緩めだと浮力が体に伝わらないし、水の抵抗が大きくなる。
水からボートに犬を上げるときは、腹帯が内蔵を圧迫するので注意が必要。
ボートに犬用の梯子をかけるか、ボートをギリギリまで横倒しして犬を横にして背中から入れるようにし、内蔵への圧迫をさけよう。ただし、転覆する恐れがあるので、その点は慎重な判断を。無理なら、リードをライフジャケットにつけて岸まで一緒に戻ろう。

ベスト型

最近のエルゴノミクスデザインの犬用ライフジャケットはすべてベスト型。腹側は、肋骨の一番下までを覆うデザインで体にフィットするのが特徴。浮力を最重要とするのではなく、適度な浮力と体にフィットするデザインで水中での水の抵抗を少なくし、体力の消耗を抑え疲れないようにする構造のよう。
ベスト型のライフジャケットを着けた犬を持ち上げる場合は、背骨から腰にかけて負担がかかるので要注意。甲羅型と同様に、ボートに引き上げたりする場合はこの点に注意。